「媒介契約」形態は?

一般媒介・専任媒介・専属専任媒介

 

不動産売却をするにあたり、不動産会社を選定し売却を任せる形態は3種類ございます。もうすでに販売活動に入られている売主様ならご存じでしょう。この中に危険な媒介契約形態があります。お考えになりながら、下記記事をご覧ください。

 

①一般媒介

複数の不動産会社と契約ができ、それぞれの不動産会社が販売活動を行います。会社が競い合って販売活動に入る事で、1ヶ月で売れなければ大手不動産会社は、その物件に対する広告を怠ります。なぜかというと、複数社に任せている為、どれだけがんばって販売活動を行ったところで確実な利益をとれないからです。

レインズへの掲載義務もなく・報告義務もない。不動産会社から見ても、売主様にとっての利益を見つけにくい媒介契約と言えます。

 

②専任媒介

1社に不動産販売活動を任せます。最近ではこの媒介契約が主流となっております。7営業日以内にレインズへの掲載義務するという業法上のがあり、もちろん販売活動の報告義務もあります。

1社に販売活動を任せることになるので、売主様の業者選別が危険回避には必要不可欠となります。

 

③専属専任媒介

②専任媒介と一緒で不動産会社を1社に選定し不動産販売活動を行います。レインズへの掲載義務や販売活動の報告もちゃんとあり、専任媒介契約よりも不動産会社への規定がキツイものです。ですが、それは不動産会社だけの話。売主様に安心云々を与えられるものではないと考えております。

また、専任媒介契約との違いは【自己発見取引ができないこと】

~自己発見取引とは?~

売主様(Aさん)が不動産を販売します。Aさんのご親族・友人・隣人等々、Aさんに直接「Aさんの家買いたい!」と言われた場合、Aさんは不動産会社を介入させず仲介手数料という要らぬ出費をせずにお家の売却ができます。

 

さて皆様どの媒介契約が危険な契約形態だと思いますか?

 

 

 

 

23195829_s

③専属専任媒介

正解は③専属専任媒介です。

とある投稿で「専属専任媒介は業者に対する決まりごとが多いから安心!」とありましたが、果たしてそうなのでしょうか?

・レインズへの掲載義務

→昨今では殆どの業者が自社物以外の物件は一般媒介であれレインズに掲載されます。

・販売活動の報告義務

不動産会社は売主様との関係性を保つことも仕事です。むしろそれが出来ない不動産会社なんて一般媒介でも専任媒介でも契約破棄した方がいいです。

いかがですか?今の時代レインズに掲載も販売活動の報告義務も当たり前なのです。

最近、弊社へご相談下さった売主様から「【囲い込み】をされているんじゃないだろうか。」と言われ、実際にレインズを介して物件の確認をしたところ、「今商談中です。」と案内・ご紹介を断られました。勿論売主様はそんな事実はない。とご立腹されていました。

その時の媒介契約形態も【専属専任媒介】した。

 

 

 

22734595_s

 

不動産売却に失敗しない為に、売主様には不動産売却において知識が必要です。会社の看板とうまい口車に乗せられて危険な売却に突き進み、安売りの果て不動産売却に失敗される売主様も沢山いらっしゃいます。媒介契約だけではなく、不動産売却で注意する点は他にもございます。

 

今後堺市で不動産売却をお考えの方は、不動産会社を選定する基準として【専属専任媒介】を薦めてくる不動産会社は絶対に選ばない!と記憶の片隅にでもおいておいていただければ幸いです。

弊社いえすまいでは、他の不動産会社に売却をお任せの方のご相談もお受けしております。ちょっとでも疑問や不安を感じたらいえすまいまでご相談下さい。

 

 

個人情報登録不要・簡単査定
0120-963-651 0120-963-651
理想の不動産売却
お客様の声 お客様の声
売却専門スタッフが徹底サポート
好条件の取引へ 好条件の取引へ
個人情報登録不要・簡単査定
0120-963-651 0120-963-651

Message

ast_16125(上半身)
株式会社いえすまい 代表 髙橋 淳介

不動産の売却を検討の方へ

現在数多くの不動産会社が存在するなか、弊社は「堺市の不動産売買仲介」のみを行う堺市内で唯一の会社です。仲介のみを行うという事は不動産会社にとってはリスクがあり、どの不動産会社も賃貸・管理・買取と集客の間口を広めるのですが、弊社は間口を広げません。なぜリスクを回避する為広げないか、それは会社がかける広告費用、人件費用の間口までも広がってしまい、お預かりしている売却物件に一件一件広告費を満足にかけれないからなのです。大手不動産業者に依頼されている売主様はいったい自身の売却希望物件にどれぐらい広告費をかけてくれているのでしょうか⁉おそらく微々たるものでしょう。弊社の目標はただ一つ「どの不動産仲介業者よりも高く売ってくる会社」のみにフォーカスをむけてスタッフ一同、日々尽力しております。わたくしのまわりでも任せる不動産業者を間違った故に何人もの売主様が「心にしこりが残る取引」で終えられております。今後不動産の売却を検討され、業者選定に迷われている方がいらっしゃいましたら是非一度弊社スタッフにご相談下さい。必ず「適格なアドバイス」をさせて頂き「好条件の取引」達成へのお力添えとなる筈です。

株式会社いえすまい 代表取締役 髙橋淳介

Access

マンション戸建て住宅の売却をご検討中の方からのお問い合わせをお待ちしております。

概要

会社名 株式会社いえすまい
住所 大阪府堺市北区長曽根町3019-9
電話番号 0120-963-651
定休日 水曜日
対応エリア 堺市北区・堺区を中心に各地域

アクセス

弊社は堺市内で数少ない不動産売買仲介のみを行う会社です。毎月100件以上の査定実績をもつ売却専門スタッフが堺市内の不動産査定から取引完了まで徹底サポート致します。好条件の取引への第一歩はご所有不動産の相場の把握から!住宅ローンの支払いがきつい・将来相続予定の不動産の相場を把握しておきたい・現在の住まいが手狭になってきたので、買い替え、住み替えを行いたい・売却予定はないが、相場を把握しておきたい等、堺市内限定即日査定致します。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事