堺市の不動産売却
いえすまい成約事例
成功事例

堺市で売却ご相談を受けお客さまの売却成約事例をご紹介

堺市で不動産の売却をご検討の方へ

買い替え・住み替え・転勤・離婚・相続等、不要になった不動産を売却の際に皆様が思う事「どこの不動産会社に任せたら良いのかわからない」そう思われるはず。街を歩けば数々の不動産会社が存在し、その数はコンビニの数を上回る程といわれています。不動産屋と一言で言っても不動産の業種は様々、新築分譲、売買仲介、賃貸、管理等、幅広く行っている会社が殆どです。しかし弊社は堺市内でも数少ない「売買仲介」のみを行う会社です。売買仲介のみを行う弊社だからこその購入検討者のみに向けた広告活動を行う事により、これまで数多くの堺市内で不動産の売却を検討している売主様のお手伝いをさせて頂き、全て好条件での取引に至っております。
弊社の目標は
「各地域NO,1の成約価格」の実績をつくる事
ただ取引件数に拘る不動産会社では、売主様の満足のいく取引金額には及ばず、良い取引とは言えないでしょう。
今尚数多くの地域NO,1の成約価格の実績をもつ、弊社の不動産売却専門スタッフが取引完了まで徹底サポート致します。
 

 

< 12 >

弊社スタッフの実績

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-963-651 0120-963-651
受付時間:9:00~20:00

Message

ast_16125(上半身)
株式会社いえすまい 代表 髙橋 淳介

不動産の売却を検討の方へ

現在数多くの不動産会社が存在するなか、弊社は「堺市の不動産売買仲介」のみを行う堺市内で唯一の会社です。仲介のみを行うという事は不動産会社にとってはリスクがあり、どの不動産会社も賃貸・管理・買取と集客の間口を広めるのですが、弊社は間口を広げません。なぜリスクを回避する為広げないか、それは会社がかける広告費用、人件費用の間口までも広がってしまい、お預かりしている売却物件に一件一件広告費を満足にかけれないからなのです。大手不動産業者に依頼されている売主様はいったい自身の売却希望物件にどれぐらい広告費をかけてくれているのでしょうか⁉おそらく微々たるものでしょう。弊社の目標はただ一つ「どの不動産仲介業者よりも高く売ってくる会社」のみにフォーカスをむけてスタッフ一同、日々尽力しております。わたくしのまわりでも任せる不動産業者を間違った故に何人もの売主様が「心にしこりが残る取引」で終えられております。今後不動産の売却を検討され、業者選定に迷われている方がいらっしゃいましたら是非一度弊社スタッフにご相談下さい。必ず「適格なアドバイス」をさせて頂き「好条件の取引」達成へのお力添えとなる筈です。

株式会社いえすまい 代表取締役 髙橋淳介

不動産業界の悪しき風習をご紹介
好条件の取引へ 好条件の取引へ

堺市の歴史・魅力・不動産

堺市は南大阪の中核都市です。2020年1月1日堺市の住民基本台帳に基づく調べでは、人口約83万以上の指定される政令指定都市です。堺市周辺に人が定住し始めたのは旧石器時代のころで、堺市内の遺跡からは約1万年前の土器や縄文時代の土器・石器、弥生時代の銅鐸・土器などが発掘されています。堺市では、そういった貴重な展示物が保管されている施設もございますので、是非一度ご覧になられてみてください。ふるく堺には仁徳天皇陵古墳をはじめ、100数基から成る百舌鳥古墳群が造られました。そして2019年7月、仁徳天皇陵古墳はユネスコ世界文化遺産にも登録され、エジプトのクフ王のピラミッド・中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓の一つといわれており、世界的に価値のある建造物としても有名となりました。平安時代には、摂津・河内・和泉3国の「境」に位置しているところからこの地を「さかい(堺)」と呼ばれるようになりました。鎌倉時代には漁港として発達をとげ、その後西日本の海運の拠点として発展。そして戦国時代に堺は貿易港として黄金の時代を迎えます。堺は、対明貿易・南蛮貿易など海外との交流拠点として発展し、当時の堺は世界でも珍しい環濠の都市を形成し自治都市として繁栄しました。小学校・中学校・高校でも勉強する歴史の授業でも有名はフランシスコ=ザビエルや織田信長なども堺に足を運ぶほどの場所として発展しておりました。明治時代には「堺県」がおかれ、当時堺県は合併を繰り返し最も大きな時は、現在の大阪府東・南部と奈良県のほぼ全域を含む広さでした。その後大阪府と合併し、現在の「堺市」となりました。明治以後は、近代工業の発展・人口の増大・市域の拡大・交通の発達等、急速に近代化が進み、今でも力強く発展を続けています。市の鳥は「モズ」で、前文でご紹介した堺市の中心にある仁徳天皇陵古墳の正式名称は「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」で、堺市北区にある地名の「百舌鳥」はこの名が由来といわれています。堺市内の小学校では遠足で足を運ぶことの多い、『大型児童館ビックバン』は、1999年6月に開設され宇宙船をイメージした外観で、堺市の新しいシンボルとなっております。館内には、宇宙飛行士向井千秋さんが実際に使用した宇宙服の見学や、昭和30年代の町並みを再現した実物大のジオラマ体験ができます。
堺市の不動産に関して言うと、南海高野線・南海本線・JR阪和線(堺区)エリアは市内の繁華街に位置します。駅近隣等に新しい商業施設が多く建設され立ち並び、まさに堺市内の中心地といっても過言ではございません。繁華街という事ありマンション中心の市場となっており、南に進むにつれて一戸建ての供給も多くある傾向です。そして「大阪メトロ御堂筋沿線(北区)」主になかもず駅・新金岡駅ですが、こちらはここ近年人気が集中するエリアとなっております。周辺の都市開発も進んでおり、近年では特にマンションが中心に多く立ち並ぶ街へと変わりつつあります。交通の便も良く大阪中心部に容易く行けることからとても重宝されるエリアです。売り場の広々とした大きいスーパー・家電量販店の他、生活雑貨を取り扱うお店も近いこともあり、買い物には不自由は感じないと言われています。さらに医療の面でも各診療科のクリニックが駅前に多くあり大変安心。塾も多くあり、落ち着いた家庭環境の子どもも多く小・中学校も堺市内ではかなり落ち着いています。登下校の際も地域の方が見守り隊として守ってくださっており、地域ぐるみで小さいお子さまの子育てをサポートしていく活動もしております。堺市内の不動産、中央部(西区・中区・東区・美原区)は、中古マンションが少なく一戸建てが主に市場を形成しております。北部(堺区・北区)と南部(南区)では主となるものもなく、中古マンション・一戸建てが地域ごとの特色に合わせバランスよく供給された市場となっております。不動産の相場で言うと堺市北部(堺区・北区)が最も高くあり、海側の西区から美原区にかけては少し値が落ちるになる傾向にあります。一戸建ての広さは、土地面積約100㎡以下から約500㎡以上と幅広い物件があり、マンションでいうと60㎡から100㎡以上の物件と、幅広い選択肢の中から購入検討中のお客さまはご検討いただけます。

RELATED

関連記事